「あなたは、自分の才能を知っていますか?」

手相に表れているあなたの本質・才能と、未来の可能性をもとに、あなたに一番合った仕事・生き方を読み解いて行きます。

鑑定中は、対話をしながら、より具体的に手相の意味を読み解いていくため、ハッとする気づきがあったり、ご自分自身も知らない自分に出会えたりすると思います。やりがいを感じる仕事はどんなものかや、楽しく充実して生きていくためにどうすればよいか、ご自身の手相からヒントを得てみませんか?

プロフィール・経歴

手相家・天道泰幸(てんどうやすゆき)

1980年広島生まれ。年間800人以上を鑑定。過去10年間でのべ1万8000人の鑑定実績。物心ついた頃から「自分にはどんな資質があるか」「どんな未来の可能性を持っているか」という興味から、占いに関心を持つ。手のひらに人の素質と精密な運命が刻まれている不思議さ、奥深さから手相にのめり込み、趣味で見始める。学生時代には占い以外にも、心理学・潜在意識・自己啓発関係の書籍を読み漁る。その後、バーの従業員兼占い師としてデビュー、「10分鑑定」で6年間に1万人以上を鑑定。開店前から行列ができる店になる。2015年に完全独立して事務所を構えて以降は、個人事業主・フリーランス・起業を目指す方を中心に「才能を活かせる方向性」を引き出し、「未来のストーリーとその時期」を読み解く鑑定を行って人気を得ている。

■1992年12歳 占いに興味を持ち、書籍を頼りに独学。趣味で占いをはじめる

■2003年(23歳) 広島市立大学国際学部国際学科卒業。哲学・心理学を専攻し、卒業論文のテーマは「論理療法と自己観察」
■2006年(26歳) とある占い師に「十分プロとして仕事にできる」と押され、路上占いをはじめるも挫折
■2009年(29歳) 広島市内の占いバー「着茶や」のオープンから「10分手相鑑定」を開始
■2011年(31歳) バーでの勤務と並行し、日中に喫茶店等で予約制の個人手相鑑定を開始
■2015年(35歳) 長女の誕生をきっかけに「着茶や」を退職、独立。現在の事務所を開業
■2019年(39歳) 現在、広島市西区の事務所での対面鑑定と、全国対応の通信鑑定を行う